トップページ  >  花図鑑
花図鑑(北海道 花辞典)

7月に園芸店で購入できる、おすすめの植物をご紹介。
欲しい花を逃さぬよう、しっかりチェックしてくださいね。

7-8月号
本誌P106掲載

北海道 花辞典 7月に並ぶおすすめ植物

監修/ギーズグリーン代表 伊藤敦子さん

ワレモコウ

バラ科/宿根草
20〜180cm/日なた/表土が乾いたら与える

北海道 花辞典 ワレモコウ

枝分かれした茎の先端に1〜2cm程の赤茶色の個性的な花穂を付ける。葉は緑葉のほかに斑入りなどもある。日当たりが悪いと花付きが悪くなるので、日当たりのよい場所に植えるとよい

スカビオサ

スイカズラ科/宿根草
20〜100cm/日なた/表土が乾いたら与える

北海道 花辞典 スカビオサ

白、黄、紫、ピンクなどの花色があり、クシュクシュっとしたやわらかい花びらと風に揺れる草姿が魅力の植物。日当たりと水はけのよい場所を好み、切り花にも利用される。和名「マツムシソウ」

ミソハギ

ミソハギ科/宿根草
50〜120cm/日なた/湿気を好む

北海道 花辞典 ミソハギ

夏にピンクや赤紫色の花を穂状に咲かせる。日当たりとやや湿り気のある土壌を好み、水辺のような湿り気のある場所にも植えられる。丈夫で育てやすいが、乾燥に注意が必要

オリーブ

モクセイ科/中高木
2m以上/日なた/表土が乾いたら与える

北海道 花辞典 オリーブ

キラキラと風に揺れる銀白色の小さな葉が美しい人気の植物。日当たりと風通しのよい場所を好む。春?秋は戸外で十分日に当て、冬は室内の日当たりのよい場所で管理を

ナツユキカズラ

タデ科/落葉つる性低木
10m以上/日なた/表土が乾いたら与える

北海道 花辞典 ナツユキカズラ

葉はハート型で可愛らしく、夏〜秋にかけて小さな真っ白い花が、雪のように株いっぱいに咲く。耐寒性に優れ、生育旺盛。つるが長く伸びるのでフェンスや壁面の植栽に向く

ギボウシ(ホスタ)

キジカクシ科/宿根草/15〜150cm
半日陰〜日陰/表土が乾いたら与える

北海道 花辞典 ギボウシ(ホスタ)

葉の大きさや色はさまざまで、花色は白や紫色があり種類が豊富。耐陰性、耐寒性が強く、初心者でも育てやすい。カラーリーフ、グランドカバー、シェードガーデンにも人気

Pick up

輝く日差しに映える花

夏の太陽に負けない、鮮やかな花色や目を引く花形。降りそそぐ光に照らされて、いっそう魅力的に咲き誇る花々を、ここでは紹介します。

コレオプシス(キンケイギク)


北海道 花辞典 コレオプシス(キンケイギク)

ハルシャギクやキンケイギクの仲間で、花期が長い。黄、オレンジ、ピンク、赤、複色などの花色があり、風に揺れる草姿が印象的。日当たりと風通しのよい場所を好む。キク科の一年草・多年草又は宿根草。草丈25〜90cm

モナルダ


北海道 花辞典 モナルダ

野趣のある美しい花は白、ピンク、赤、紫色など花色豊富。日当たりと風通し、肥沃で水はけのよい場所を好む。うどん粉病に注意。シソ科の宿根草又は多年草、草丈50〜100cm。別名「ヤグルマハッカ」「タイマツバナ」など

ルドベキア


北海道 花辞典 ルドベキア

初夏〜秋に咲かせる花は、黄、茶色、ワイン色、複色などの花色があり花形も多様。多湿を嫌い、日当たりと水はけのよい場所を好む。花がらはこまめに摘み取るとよい。キク科の一・二年草又は宿根草で、草丈30〜150cm

ムクゲ


北海道 花辞典 ムクゲ

ハイビスカスの仲間で、花期は長く夏〜秋にかけて白、ピンク、紫色などの花を次々と咲かせる。日当たりを好み、耐寒性があり丈夫で育てやすい。剪定は11〜3月の落葉期に行なう。アオイ科の落葉性低木で高さ2m以上

※ここで紹介する花は、これから園芸店で扱う花を時系列順に掲載していますので、自然開花する実際の季節とは異なります。


WWW を検索
mylofe.jp を検索