トップページ  >  花図鑑
花図鑑(北海道 花辞典)

今月に園芸店で購入できる、おすすめの植物をご紹介。
欲しい花を逃さぬよう、しっかりチェックしてくださいね。

監修者:伊藤敦子さん
札幌市中央区宮の森にある「ギーズグリーン by pousse」代表。1級フラワー装飾技能士、(社)日本家庭園芸普及協会グリーンアドバイザーの資格を有する。

5-6月号
本誌P78掲載

05月 おすすめ植物

クリーピングタイム

シソ科/宿根草/ほふく~20cm/日なた/表土が乾いたら与える

クリーピングタイム

グランドカバーとして利用される。地面を覆って這い広がるタイム。葉は香りがよく、緑、黄緑色、斑入りなど、花色は白、ピンク、赤紫色などがある。日当たりと水はけのよい場所を好む

ニゲラ

キンポウゲ科/一年草/40~100cm/日なた/表土が乾いたら与える

ニゲラ

白、ピンク、青、黄色など花色が豊富で、花壇のほかに切り花としても人気。花後にできる果実は大きく膨らみ「風船ポピー」とも呼ばれ、ドライフラワーにも使われる。和名「クロタネソウ」

トロリウス

キンポウゲ科/宿根草/50~90cm/日なた~半日陰/表土が乾いたら与える

トロリウス

黄色やクリーム、オレンジなどの花色があり、透明感のあるふんわりとした可愛らしいカップ型の花を初夏に咲かせる。乾燥を嫌い、やや湿り気のある肥沃な土壌を好む

ヒューケラ

ユキノシタ科/宿根草/20~80cm/日なた~日陰/表土が乾いたら与える

ヒューケラ

葉色・葉の形はさまざまあり、コンパクトな草姿は庭植え、寄せ植えにも使いやすい人気のカラーリーフ。花はピンク、赤、白色などの小花を咲かせ、丈夫で育てやすくグランドカバーにも向く

西洋オダマキ(アクイレギア)

キンポウゲ科/宿根草/20~60cm/日なた~半日陰/表土が乾いたら与える

西洋オダマキ(アクイレギア)

花色は白やピンク、黄色、濃青や紫色などがあり、花の形・大きさも多様。株の中心からまっすぐ花茎を伸ばし花を咲かせる。日当たりと風通しのよい場所を好む。別名「アクイレギア」

クレマチス

キンポウゲ科/宿根草/20~300cm以上/日なた~半日陰/表土が乾いたら与える

クレマチス

多彩な品種があり、花色や花の姿はもちろん、草姿や性質もさまざま。系統も10種類以上に分けられる。水はけのよい土壌で、日当りと風通しのよい場所で管理を

Pick up

庭や鉢で長く楽しめる一年草

植栽の一つして重宝する一年草。宿根草の花期を補うように植栽したり、鉢植えなら花色の少ない空間に置いて彩りを加えるほか、アクセントとしても役立ちます。

マリーゴールド

マリーゴールド

キク科の一年草、日当たりを好む。黄色やオレンジ、赤褐色、複色などの花色、草丈が低く枝数の多いフレンチ系、草丈が高い大輪のアフリカンなど種類も豊富。晩秋まで花が咲き、コンパニオンプランツとしても重宝

ネメシア

ネメシア

白、ピンク、紫、複色など花色が豊富。夏の暑い時期は開花がやや鈍る。長雨に当てないようにし、花がらをこまめに摘み取ると秋まで楽しめる。ゴマノハグサ科、草丈は10~40cm

チェリーセージ

チェリーセージ

シソ科の多年草だが、戸外越冬は不可のため一年草扱い。赤、紫、ピンク、複色などの花色があり、秋まで長期間花を楽しめる。日当たりと風通しのよい場所で育て、花がらはこまめに摘み取る

ジニア

ジニア

花色は赤やオレンジのほか、ライムグリーンや複色など非常に多い。咲き姿もダリア咲き、カクタスやポンポン咲きなど多様。草丈15~100cm。秋まで次々と花が咲くので「百日草」とも呼ばれる

※ここで紹介する花は、これから園芸店で扱う花を掲載していますので、自然開花する実際の季節とは異なります。