トップページ  >  花図鑑
花図鑑(北海道 花辞典)

今月に園芸店で購入できる、おすすめの植物をご紹介。
欲しい花を逃さぬよう、しっかりチェックしてくださいね。

5-6月号
本誌P88掲載

北海道 花辞典 今月のおすすめ植物

監修/ギーズグリーン代表 伊藤敦子さん

マリーゴールド

キク科/一年草/20〜80cm/日なた/表土が乾いたら与える

マリーゴールド

黄色やオレンジ、赤褐色、複色などの花色がある。草丈が低く枝数の多いフレンチ、草丈が高く大輪のアフリカンなど種類豊富。春〜晩秋まで次々と花を咲かせ、コンパニオンプランツとしても重宝する


アクイレギア

キンポウゲ科/宿根草/15〜70cm/日なた〜半日陰/表土が乾いたら与える

プリムラ・デンティキュラータ

白、ピンク、黄色、濃青、紫などの花色、花形、花の大きさも多彩。株の中心からまっすぐと花茎を伸ばし、やや下向きに可愛らしい花を咲かせる。日当たりと風通しのよい場所を好む。別名「西洋オダマキ」

ネメシア

ゴマノハグサ科/一年草又は多年草/10〜40cm/日なた〜半日陰/表土が乾いたら与える

ネメシア

白、ピンク、紫、黄色、複色など花色が豊富。真夏の暑い時期は、開花がやや劣る。高温多湿を嫌うため、長雨に当てないようにする。花後に切り戻せば、秋まで花を楽しむことができる

宿根サルビア

シソ科/宿根草/20〜80cmm/日なた〜半日陰/表土が乾いたら与える

宿根サルビア

種類が多く、白、ピンク、紫、黄色など花色もさまざま。日当たりと風通しがよく、かつ水はけのよい土壌を好む。丈夫で育てやすく、花後切り戻すと二番花が楽しめる

ラムズイヤー

シソ科/宿根草/30〜70cm/日なた〜半日陰/表土が乾いたら与える

ラムズイヤーシルバーの葉が特徴で、カラーリーフとしても人気がある。初夏に赤紫色の小花を咲かせる。名前の由来は、白い毛で覆われたふかふかの葉が「ヒツジの耳」に似ていることから

チョコレートコスモス

キク科/多年草/30〜70cm/日なた/表土が乾いたら与える

チョコレートコスモス

チョコレートのような芳香を放ち、個性的な赤黒いシックな花色が魅力。日当たりと風通しのよい場所を好み、花期は長く、花がらをこまめに摘み取ると次々と花を咲かせる

Pick up

春を呼び込む小さな花

庭やコンテナに可憐な小花が咲きこぼれる様子は、本格的なガーデニングシーズンの到来を感じさせます。楚々とした花姿をぜひ楽しんでください。

スイートアリッサム


スイートアリッサ

白、クリーム、ピンク、紫、オレンジと豊富な花色。甘い香りの小さな花を密に付け、カーペット状に広がる。日当たりと水はけのよい場所を好み、花は秋まで楽しめる。アブラナ科の一年草、草丈10〜15 cm

ネペタ


ネペタ

葉は香りがよく、白い毛に覆われふんわりとした草姿が印象的。白、ピンク、薄紫色などの花色があり、花後に切り戻すと二番花が楽しめる。シソ科の宿根草、草丈20〜90cm。別名「キャットミント」

クルマバソウ


クルマバソウ

車輪のような形の光沢のある葉の上に、十字状の白くて可憐な花をたくさん咲かせる。生育旺盛でよく殖える。やや湿り気のある、春先は明るく夏場は日陰になるような場所を好む。アカネ科の宿根草、草丈10〜15cm

バコパ


バコパ

小さな葉が這うように伸び、白、ピンク、紫などの小花が咲く。生育旺盛で花期も長く、コンテナやハンギングに向く。生育期は水切れに注意し、こまめに花がらを取り、伸びすぎたら切り戻すとよい。オオバコ科(ゴマノハグサ科)の多年草

※ここで紹介する花は、これから園芸店で扱う花を時系列順に掲載していますので、自然開花する実際の季節とは異なります。