トップページ  >  花図鑑
花図鑑(北海道 花辞典)

今月に園芸店で購入できる、おすすめの植物をご紹介。
欲しい花を逃さぬよう、しっかりチェックしてくださいね。

1-2月号
本誌P81掲載

北海道 花辞典 今月のおすすめ植物

監修/ギーズグリーン代表 伊藤敦子さん(写真協力 pick up6点・★)

ハナカンザシ

キク科/多年草/10〜30cm/日なた/表土が乾いたら与える

ハナカンザシ

カサカサとした2cm程の丸く可愛らしい白い花を咲かせる。花はドライフラワーにも利用でき、高温多湿、多肥を嫌う。日当たりのよい場所で乾かし気味に管理し、花がらはこまめに摘み取る


カンパニュラ・ゲットミー

キキョウ科/宿根草/10〜15cm/日なた〜半日陰/表土が乾いたら与える

カンパニュラ・ゲットミー

カンパニュラの仲間で薄紫色や白色などの種類がある。小さな星形の花を咲かせ、鉢花として人気。日当たりと風通しのよい場所で管理し、こまめに花がらを摘み取るとよい。和名「オトメギキョウ」

ハゴロモジャスミン

モクセイ科/多年草/10cm〜2m以上/日なた/表土が乾いたら与える

ハゴロモジャスミン

長く伸びた茎の先に小さな花をまとめて咲かせる。花はつぼみの時はピンク色で、開花すると白色になり芳香を放つ。葉は緑葉のほかに黄色、斑入りなどの品種もある

カランコエ・プミラ

ベンケイソウ科/多年草/10〜30cm/日なた/感想気味に育てる・表土が乾いたら与える

カランコエ・プミラ

シルバーリーフが美しいカランコエの仲間で、薄桃色の花を咲かせる。葉全体は粉っぽい細かい毛で覆われ、白く見える。室内の日当たりのよい場所に置き、乾かし気味に管理をする。別名「白銀の舞」

プリムラ・オブコニカ

サクラソウ科/多年草/20〜30cm/半日陰/表土が乾いたら与える

オモト

白、ピンク、オレンジ、紫、複色など、花色が豊富。花期が長く、明るい日陰でよく花を咲かせる。高温多湿に弱く、一年草として扱われることが多い。葉に触れるとかぶれることがあるので注意が必要


Pick up

インドアプランツで装う

真っ白な雪に覆われる長い冬。家の中ではみずみずしいグリーンに包まれて、心地よく過ごしたいもの。インテリアをおしゃれに装う観葉植物を紹介します。

フランスゴムノキ


フランス ゴムノキ

ゴムノキ(ゴムの木)の仲間で、可愛らしい葉は光沢があり、やや小ぶりで丸みを帯びる。室内の明るく風通しのよい場所で管理。風通しが悪いとカイガラムシが発生するので注意が必要。クワ科の中高木、高さ10m以上

シッサス・エレンダニカ


シッサス・エレンダニカ

光沢のある濃い緑色の葉で、茎をつる状に伸ばす観葉植物として人気。室内の日当たりと風通しのよい場所で管理。黄変した下葉は早めに摘み取り、伸びすぎて草姿が乱れたら切り戻しを行なう。ブドウ科、ほふく性の多年草

リプサリス


リプサリス

サボテンの仲間で森林地帯の木や岩に着生する。葉がなく、不規則に細い枝を伸ばしたり、枝垂れたりと個性的な草姿。気根が出やすく湿度を好む。室内のレースのカーテン越しで空気中の湿度を保ち管理を。草丈10〜80cm以上

フィカス・シャングリラ


フィカス・シャングリラ

艶のある小さな葉が可愛らしい、ほふくするつる性のガジュマル。室内の明るく風通りのよい場所で管理。完全に水を切らすと、葉がチリチリになってしまうので、水枯れには注意が必要。クワ科の多年草

コウモリラン


コウモリラン

熱帯の樹木に着生するシダの仲間。株元に張りつくように出る「貯水葉」と鹿の角に似た形の「胞子葉」の2タイプの葉を持つ。その独特な草姿から「ビカクシダ」とも呼ばれる。ウラボシ科の多年草、草丈10〜100cm以上

アマゾンオリーブ


チューリップ

きれいな葉と白い幹が特徴。オリーブと名は付くが、オリーブの仲間ではない。室内の明るく風通りよい場所で管理。水を好むので水やりの回数を多めにするとよい。別名「ムラサキフトモモ」。フトモモ科の中高木、高さ10m以上

※ここで紹介する花は、これから園芸店で扱う花を時系列順に掲載していますので、自然開花する実際の季節とは異なります。


WWW を検索
mylofe.jp を検索