トップページ  >  花図鑑
花図鑑(北海道 花辞典)

今月に園芸店で購入できる、おすすめの植物をご紹介。
欲しい花を逃さぬよう、しっかりチェックしてくださいね。

9-10月号
本誌P96掲載

北海道 花辞典 今月のおすすめ植物

監修/ギーズグリーン代表 伊藤敦子さん

シュウメイギク

キンポウゲ科/宿根草/30〜90cm以上/日なた〜半日陰/表土が乾いたら与える

シュウメイギク

白、ピンク、複色などの花色で一重、八重咲きなどがあり、秋に花茎を伸ばし風になびく花姿が魅力。名前に「キク」とつくがアネモネの仲間。日当たりが悪いと花数が少なくなる

アスター

キク科/宿根草/30〜100cm/日なた/表土が乾いたら与える

アスター

ノコンギクなどの仲間で夏から秋に可愛らしい小花を多数咲かせる。花色は白、ピンク、紫など、葉色も緑葉のほか銅葉などもあり種類が豊富。日当たりと水はけのよい場所を好む

センニンソウ

キンポウゲ科/宿根草/2〜3m/日なた〜半日陰/表土が乾いたら与える

センニンソウ

クレマチスの仲間で晩夏〜秋に十字型の白い小花をたくさん咲かせる。果実に白い毛があり、これが仙人のヒゲに似ていることがこの名の由来。耐寒性に優れ丈夫で育てやすい。剪定は強剪定

カレックス

カヤツリグサ科/宿根草又は多年草/20〜100cm/日なた〜半日陰/表土が乾いたら与える

カレックス

風に揺れる細い葉が特徴のグラス。葉は茶褐色のほかに緑色や斑入りなどがあり、日なた〜半日陰の水はけのよい土壌を好む。耐寒性が劣る品種は、冬は凍らない程度の室内に取り込むとよい。別名「スゲ」

パニカム

イネ科/宿根草又は一年草/40〜120cm/日なた/表土が乾いたら与える

パニカム

キビの仲間で直立し、小さく細かい穂は風に揺れる草姿が美しく、株も乱れにくい人気のグラス。葉はブルーがかったグレーや、銅葉などもあり、切り花としても流通される

ユウギリソウ

キキョウ科/多年草/60〜100cm/日なた/表土が乾いたら与える

ユウギリソウ

白、ピンク、紫色などがあり、長く伸ばした茎先に2mmほどの小さな花がこんもりと集まって咲く。花柄を早めに切ると花房は小さくなるが次の花が楽しめる。高温多湿を嫌い、日当たりと水はけを好む

Pick up

ニュアンスカラーで魅せる

秋らしくシックな色合いで庭を彩る花や実もの、グラス類をピックアップして紹介します。空高く澄んだ空気の中、美しい色と風情のある佇まいが印象的です。

ハギ


ハギ

秋に弓状に伸びる茎に小さな花をたくさん咲かせ、自然な草姿が魅力。ピンクや白色などの花色があり、日当たりと水はけのよい土壌を好む。雪が冬前に刈り込むとよい。マメ科の低木で高さ2m

ムラサキシキブ


ムラサキシキブ

夏に淡紫色の花を咲かせ、秋に球形のビーズのような紫色の実を付ける。葉は緑葉のほか、黄葉、斑入りなどの品種も。明るい場所とやや湿り気のある土壌を好む。鉢植えの場合、年に一度植え替える。シソ科の低木、高さ1m以上

リンドウ


リンドウ

白、ピンク、紫色などの花色で秋を代表する山野草の一つ。高温多湿を嫌い、肥沃で水はけのよい土壌を好む。鉢植えの場合、春の芽出し前に株分け、植え替えを行なうとよい。リンドウ科、多年草又は宿根草、草丈10〜100cm

ペニセタム


ルドベキア

パープルファウンテングラスやギンギツネなどで知られる、猫じゃらしを大きくしたような柔らかい雰囲気の花穂が特徴の人気のグラス。日当たりと風通し、水はけのよい場所を好む。イネ科、多年草又は宿根草、草丈60〜150cm

※ここで紹介する花は、これから園芸店で扱う花を時系列順に掲載していますので、自然開花する実際の季節とは異なります。


WWW を検索
mylofe.jp を検索