花の育て方Q&A

MyLoFE読者の皆様から寄せられたガーデニングや花育ての疑問に専門家からのアドバイスを紹介します。


高林 初さん

「イコロの森」に勤務。宿根草のガーデンデザイン、園内の管理に努める。

9-10月号
本誌P94掲載


     
 

植えっぱなしのムスカリ

ムスカリの球根を植えっぱなしで2シーズン目の開花。葉が多く茎が細い感じなのですが、原因は?

(札幌市 N.Aさん)


ムスカリは植えっぱなしでも毎年花を咲かせる球根ですが、環境や土壌によっては分球のたびに球根が小ぶりになっていき、花付きが悪くなることがあります。球根を肥やすためには、花後の葉がまだ緑色のうちに、化成肥料を施すことをすすめられますが、それよりも花壇の土壌環境を整えることが大切です。
植え付けの際には植え床にしっかりと腐植(バーク堆肥や牛ふん堆肥など)をすき込んで、よく耕しましょう。2年目以降は秋の積雪前に腐植を追加し、根を傷めない程度に軽くすき込みます。球根に限らず宿根草も、毎年少しずつ腐植を積み重ねると生育は随分よくなりますから、花壇全体にまんべんなく行なうとよいでしょう。腐植を十分に加えることで化成肥料の効果も上がります。

シャラノキのすす病の原因
ムスカリが春の庭を可愛らしく装ってくれる。球根の植え付けは秋に行なう

 
     

Back Numberはこちら