花の育て方Q&A

MyLoFE読者の皆様から寄せられたガーデニングや花育ての疑問に専門家からのアドバイスを紹介します。

梅木 あゆみさん

月形町で花苗の生産・直売のガーデンショップ「コテージガーデン」を経営。日本ハンギングバスケット協会ハンギングバスケットマスター公認講師。

3-4月号
本誌P106掲載


     
 

春〜秋まで球根花が咲く花壇づくり。

植えっ放しで毎年咲く「球根花」の花壇を作りたいです。
春・ 夏・秋と花咲く花壇にするには、どんな球根がいいでしょうか?
(札幌市 M.Sさん)

  
球根花
球根花も花期を考慮しながら組み合わせると、春・夏・秋まで楽しめる。ほかの宿根草と合わせて素敵に装いたい
秋植え球根は、寒さにも強く、春先からのデザインに大変役立ってくれるので、北海道では欠かせない植栽です。植えっ放しでいい球根と、チューリップような基本的に一年草扱いの種類もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。また、ダリアやグラジオラスなども庭で見ますが、これらは春植えの球根で寒さに弱いものも多いため、秋に掘り上げが必要となります。
球根類もほかの花と同じように、開花の時期をずらして咲くよう、デザインを考えるといいでしょう。春先から咲く球根類は、クロッカス、スイセン、ムスカリ、シラー、チューリップなど。アリウムのように品種によって花期が異なり、春〜初夏まで楽しめるものもあるので上手く利用します。夏からはクロコスミアやユリ、夏〜秋に向けてはダリアも大変重宝します。
また、春に咲く球根花は、夏季に休眠して上部がなくなるものも多いので、ホスタなどリレーして芽吹くものと植栽したり、背景にはこんもりと咲くアメリカアジサイ‘アナベル’などを合わせたりして、素敵な花壇を作ってはいかがでしょうか。

 
     

Back Numberはこちら
Google
 
WWW を検索
mylofe.jp を検索