花の育て方Q&A

MyLoFE読者の皆様から寄せられたガーデニングや花育ての疑問に専門家からのアドバイスを紹介します。

森 正浩さん

北広島市にある「横山造園」の圃場・直売所「花さんぽ」で、樹木の栽培・管理を行なうほか、講習会講師としても活躍

11-12月号
本誌P94掲載


     
 

植えて数年後からスモークツリーが咲かなくなった。

スモークツリーを購入して数年(3〜4年)は咲いていたのですが、その後は株が大きくなるばかりで、花が少ししか咲きません。もう少し背丈を低くし、咲かせる方法はありますか?
(札幌市 M.Sさん)

スモークツリー
ふわふわとしたスモーク状の花を付けるのが特徴。銅葉の種類は、花のない時期もアクセントに。人気の樹種だが、剪定などの配慮も!
鉢植えで購入した場合、薬や水やりの仕方で花数を調整しているものが多いので、花がいっぱい咲いています。その後地植えした場合、根がその地に馴染むのに3〜4年かかり、その間は樹勢は弱いですが子孫を残すために花を咲かせようとします。しっかり根付いた後は、今度は樹勢がよくなって、子孫を残す必要もなくなり花数を減らします。肥料はやらずに剪定で樹勢を抑えてあげると、また咲き始めると思います。 スモークツリーは品種が多く、成長が早い“グレース”や、反対に遅い“ゴールデンスピリット”や“ロイヤルパープル”など成長具合も品種により違います。そういった矮性樹形のものはスモーク状の花よりも、葉色を楽しむカラーリーフとして捉える方がよいと思います。 また、剪定の時期も大切で、経験上では8月中旬くらいまでに終わらせると、樹勢も花付きも安定してよくなります。

 
     

Back Numberはこちら
Google
 
WWW を検索
mylofe.jp を検索