花の育て方Q&A

MyLoFE読者の皆様から寄せられたガーデニングや花育ての疑問に専門家からのアドバイスを紹介します。

工藤 敏博さん

イコロの森代表。ローズグロアーなどとしても活躍

明道 進さん

札幌市内などにあるフラワーショップ「明道香風園」会長

7-8月号
本誌P140掲載


     
 

つるアイスバーグの冬越し

つるアイスバーグを育てて、5年くらい経ちます。午前中いっぱい日の当たる場所に植えています。シュートの出がよく、秋までに大きく育ちますが、春には冬枯れで枝を落としてしまいます。花を数輪しかみることができません。枝を倒しても積雪が少ない地域なので、保護ができません。寒風に当たらないように冬囲いはしています。2014年の冬囲いはいつもよりさらにがっちり囲ってみたので、どうなるか楽しみにしていますが、何かよい対策があったら教えてください。
(釧路市S・Eさん)

つるアイスバーグは、本来は耐寒性に優れる品種です。しかし、秋遅くまでシュートや側枝を伸ばし続けるので、枝が固まらず、結果凍害を受けてしまう場合が多くあります。枝変わりの基となったフロリバンダのアイスバーグも同様の傾向があります。
このような品種は、シュートや側枝の先端を早めに止めて、枝の充実を図る必要があります。まず、8月下旬〜9月上旬に、各枝の先端を切り去ります。その後に発生する脇枝は、冬囲い時に取り去ります。遅れて出たシュートも、枝元から取り去ります。このようにして、固まり切らない柔らかい枝を、なるべく少なくしてから越冬するようにしたいものです。その上で、冬囲いを行ないます。積雪が少ない地域とのことなので、雪による保温効果は期待できません。各枝を結束し、防風ネットやPP袋で全体を覆います。
過度な施肥も、枝は伸びるものの耐寒性を低下させます。春先の芽出し頃を中心に施し、夏以降は施肥を控えて枝を充実させることが肝要です。

(回答者:工藤敏博さん)
 
     

Back Numberはこちら
Google
 
WWW を検索
mylofe.jp を検索