花の育て方Q&A

MyLoFE読者の皆様から寄せられたガーデニングや花育ての疑問に専門家からのアドバイスを紹介します。

回答者一覧 (50音順。詳細はP117を参照)

加藤弘規さん

帯広市で樹木・庭木を取り扱う「真鍋庭園」課長。

工藤敏博さん

苫小牧市にあるガーデン・イコロの森代表。ローズグロア。

9-10月号
本誌P112掲載


     
 

バラの根が伸びていない

バラ‘シェークスピア’があまり咲かないので、何が悪いのかな、と思い3〜4年になります。昨年、掘り越してみたら根があまり伸びていなかったので、植え場所を変えました。このような場合は、根の生長促進活性液を使うといいのでしょうか。
(札幌市清田区M・Yさん)

日当りのよい場所を選び、腐植(堆肥類)を分入れた深く広く土壌改良した植え床に植え、越冬対策(冬囲い)を適切に行なっていれば、通常なら年々株が充実してくるはずです。何かの条件が欠けていたのではないでしょうか。
上記の条件が揃っていれば、花は多少小さく、花数は少なくなるものの、無肥料でも花は咲きます。 株を充実させるためには、枝葉が茂ることが前提になります。ですから、植えて間もないうち(1〜2年)に、型通りの剪定をすることは考えものです。
基本的な剪定は、株ができてから、枝葉を茂らせた後に行ないたいものです。 元気がないからといって、掘り上げ、移植するのは、逆効果になる場合が多くあります。移植して再生させるには、作業時期を選んだ上で、適切な技術と管理を要します。少ない根を傷め、逆にさらに弱らせてしまう結果になる危険性もあるのです。 植えたままで、周りの土に堆肥類を混入するなど、現状の根を傷めないように、できるだけ発根量を多くする手段を選ぶべきだったと思います。発根を助長する活性剤などもいろいろと販売されていますが、あくまで補助的なもので、基本的な土壌環境を整備した上での利用になります。
植物は正直です。インスタントな早道はありません。原因を探り、それを一つずつ解消し、時間をかけて見守るしかないのです。
(回答者:工藤敏博さん)
 
     

Back Numberはこちら
Google
 
WWW を検索
mylofe.jp を検索