花の育て方Q&A

MyLoFE読者の皆様から寄せられたガーデニングや花育ての疑問に専門家からのアドバイスを紹介します。

回答者一覧 (50音順。詳細はP115を参照)

市川裕章さん

洋ランのナーサリー・赤平オーキッドに勤務。

加藤弘規さん

帯広市で樹木・庭木を取り扱う「真鍋庭園」課長。

5-6月号
本誌P106掲載


   
 

大きく育ったボタンの対応

ボタンの株が大きくなり過ぎたので、株分けしたいのですが、できるのでしょうか。また、ボタンの植え替えの仕方、時期を教えてください。

伊達市K・Hさん


ボタンは中国原産の落葉低木ですが、古木になると人の背丈を越えるような大株に育ちます。
ご質問の株分けですが、ボタンは基本的に株分けをしません。同じ仲間のシャクヤクは草本類で、株分けをして増やすのですが、ボタンは接木で増やすのが一般的です。台木として利用するのがシャクヤクの肥大した根です。
ボタンの充実した枝をシャクヤクの根に接木しますが、植えっぱなしにするとシャクヤクの根は衰退しやすいため、ボタンの自根が出やすいように5cmほど接木部を土中に入れます。但し、水はけのよさが第一で、深植えも厳禁なので、盛土をするように植え付けるのがベストでしょう。植え付ける土には、腐葉土や堆肥も忘れずに。
また、大きくなり過ぎたのであれば、小さく仕立て直しをするしかありません。新芽は開花後すぐに伸び出してくるので、花がらを取ったら、同時に枝先の新芽は伸びないよう芽欠きをしておきます。葉の付いているつけ根に芽がありますので、低い位置に付いている芽を2つほど残し、ほかは取り除きます
。秋になってから落葉後に不要な枝先を切除します。 ボタンの根は傷が付くと腐りやすいため、地植えの場合は基本的に移植しない方がいいでしょう。どうしてもという場合は、夏が過ぎて涼しくなった頃に注意深く根を掘り起こします。根鉢は小さくせずに大きめに掘り上げるようにしましょう。

(回答者:加藤弘規さん)
     

Back Numberはこちら
Google
 
WWW を検索
mylofe.jp を検索