花の育て方Q&A

MyLoFE読者の皆様から寄せられたガーデニングや花育ての疑問に専門家からのアドバイスを紹介します。

回答者一覧 (50音順。詳細はP98を参照)

走川貴美さん

ガーデンデザイナー、AMAサポーターズ倶楽部代表。

原田照治さん

フローラカルチャー・イコロファーム代表。

3-4月号
本誌P86掲載


ユウスゲに付く虫

毎年咲く可愛いユウスゲに、小さな白い虫が茎に付くようになり、見つけては取っていました。冬に殺菌の薬をまき、春にもまこうかと思っています。以前に散布したら付かなかった時もあったので。この白い虫が発生するのは、天候にもよるのでしょうか。

室蘭市M・Eさん

ユウスゲやエゾキスゲ、エゾカンゾウなどのキスゲの仲間は、それらを園芸的に改良したヘメロカリスを含め、いずれも丈夫で耐寒性があり、栽培しやすいので花壇植えから鉢植えまで多目的に楽しまれています。唯一の欠点といえるのが、白い大型のアブラムシ(キスゲフクレアブラムシ)が、蕾や茎に多数発生しやすいことです。ご質問の白い虫は、このアブラムシかと思います。
アブラムシはわずかな期間で増殖し、大量に発生するとウィルス病の原因にもなる代表的な害虫です。しかし、一匹一匹は大変弱い虫なため、予防は容易で、発生初期の予防が効果的です。ユウスゲの生育期に、株元にオルトランの粒剤等を散布しておくと、殺虫効果が持続します。それでも発生が見られる場合には、アブラムシの殺虫剤をスプレーするといいでしょう。

回答者:原田照治さん

Back Numberはこちら
Google
 
WWW を検索
mylofe.jp を検索