花の育て方Q&A

MyLoFE読者の皆様から寄せられたガーデニングや花育ての疑問に専門家からのアドバイスを紹介します。

回答者一覧 (50音順。詳細はP103を参照)

加藤弘規さん

帯広市で樹木・庭木を取り扱う「真鍋庭園」課長。

明道進さん

フラワーショップ「明道香風園」会長。

11-12月号
本誌P94掲載


ジューンベリーに付く虫

ジューンベリーが実る頃、虫が付き始めます。 日当たりはあまりよくなく、風通しはまあまあですが、 毎年花も実もたくさん付きます。 以前は秋に石灰硫黄合剤を塗ってましたが、 今は何もしていません。見た目も悪いし、 どう対処したらいいでしょうか?

札幌市北区Y・Tさん

『ジューンベリー』は大変人気のある花木・果樹ですね。 もともとこの木は本州にも自生のあるザイフリボク(amelanchier asiatica)の近縁種で、 北米原産のアメリカザイフリボク(Amelanchier canadensis)を指しています。 自生地では6月に実を収穫するため『ジューンベリー』の通称で呼ばれていますが、 日本国内では同属の『サスカトーンベリー』(日本名ハンノキバザイフリボク 〈Amelanchier alnifolia〉)や、ほかのザイフリボク属のものも 『ジューンベリー』の名で流通しているようです。 花の形態や収穫時期なども類似していますが、 品種によって成木の大きさが1.5m〜8mと樹高にかなりの差があるので、 購入の際に確認することが肝心です。
 さて写真の虫ですが、サクランボやナシ、サクラなどでもよく見られる 『オウトウナメクジハバチ』の幼虫です。 樹木を枯らすほどの影響はありませんが、 不快であれば発見したら殺虫剤を散布するといいでしょう。 土中で越冬するため、石灰硫黄合剤の効果は期待できません。

(回答者:加藤弘規さん)

Back Numberはこちら
Google
 
WWW を検索
mylofe.jp を検索