花の育て方Q&A

MyLoFE読者の皆様から寄せられたガーデニングや花育ての疑問に専門家からのアドバイスを紹介します。

回答者一覧 (50音順。詳細はP103を参照)

加藤弘規さん

帯広市で樹木・庭木を取り扱う「真鍋庭園」課長。

中村ちか子さん

伊達市にある「ガーデンハウスNAKAMURA」オーナー。

5-6月号
本誌P102掲載


実を付けなかったブルーベリー

鉢植えのブルーベリーを4種類育てていますが、例年実を付けていたのに、昨年はひと鉢しか実を付けませんでした。もう育てて10年近くになるのですが、木の老朽化でしょうか。あるいは管理の方法に問題があったのでしょうか。2年ごとに植え替えを行なっています。 

札幌市北区F・Kさん

ご質問の株ですが、開花はしていましたか? もし開花して結実しなかったなら、受粉に問題があったのだと思います。よくあるのは開花期に雨天や強風などの天候不順で受粉を行なう虫が活動できなかったケースです。
しかし開花していなかったとなると、枝枯れや剪定などで前年枝の先端部を失ったか、株の老朽や管理状態の悪化で花芽が出来なかったかです。ブルーベリーは前年伸びた枝の先端から5芽ほどに花芽を持って越冬しますが、夏以降に枝先を剪定したり、冬期間の雪による枝折れや寒風などにさらされ、凍害を受けると花芽を失ってしまうので、剪定時期と冬囲いに留意しなければなりません。肥料不足、日照不足、夏の乾燥、害虫による食害などでも枝が充実せず、花芽が出来づらくなります。春と収穫後には実もの用の肥料を与え、夏は根元にマルチングや下草を残し、乾燥を防ぐようにします。害虫の発生は多くありませんので、虫食い跡を見つけたら捕殺するようにします。
また質問者のように長期間育てていると、株の老朽で古い枝が徐々に枯れて勢いのある枝が代わって伸び出し、次代の結果枝となります。自然に任せると、実成りのよい時期と悪い時期はどうしても交互に繰り返します。栽培上はこの波が少なくなるよう定期的に古い結果枝を間引き剪定しながら、古い枝と若い枝が混在するようにコントロールします。更新の目安として、枝の実の成りが安定してから5年ほどです。

(回答者:加藤弘規さん)

Back Numberはこちら
Google
 
WWW を検索
mylofe.jp を検索