花の育て方Q&A

MyLoFE読者の皆様から寄せられたガーデニングや花育ての疑問に専門家からのアドバイスを紹介します。

回答者一覧 (50音順。詳細はP103を参照)

大野基志さん

音更町でバラの生産を行なう「大野農園」代表。

大森敬子さん

広尾町で宿根草を生産する「大森農場カントリーガーデン」勤務。

11-12月号
P96掲載


バラのコンテナ育て

シュラブローズや小型のツルバラをコンテナで小さく育てたいのですが、枝を切るタイミングがわかりません。勢いよく伸びている枝は、そのままにした方がいいのでしょうか。

室蘭市S・Yさん

基本的にシュラブローズは剪定を必要としませんが、コンパクトに育てたい場合は、まず春先(4月上旬〜下旬頃、雪解けから芽吹き前)に20〜30cm程度まで切り戻します。コンテナの大きさにもよるので、長さは適度に調整してください。枝数を多く残した方が見栄えがよくなります。花が咲き終わるたびに、今年伸びた花枝の下から葉を2枚程度残した位置で深めに花がら切りをします。7月下旬か8月上旬頃、樹形が高くなり過ぎていたら「夏剪定」を行ないます。

夏剪定は以下の通りです。

@伸びている枝すべてにハサミを入れる。蕾や花が付いている枝も、付いていない枝もすべて切る
A樹高の上から1/3までを目安に切る
B全体のバランスを見て樹形を整えるように切る。切った位置に近い芽が動き出すので、外芽で切るとバランスが整いやすく枝が混まない


勢いよく伸びる枝はベーサルシュートといいます。そのベーサルシュートは、花が咲く前に切り戻します。ほかの枝より短い場合は先端を手で摘み取ります。ほかの枝より伸びてしまった場合は、周りの枝より少し短くなるように切り戻します。
コンテナでの栽培の場合は、樹形が乱れるようなシュートは開花前に早めに切り戻すとよいでしょう。こまめにハサミを入れることがポイントです。

(回答者:大野基志さん)

Back Numberはこちら
Google
 
WWW を検索
mylofe.jp を検索