トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > バラのダニ対策、ブルーベリーの地植え

花の育て方Q&A

 

いよいよ今年の花シーズンが始まりました。 昨年のトラブルは解決していますか? 北海道の花の専門家に教えてもらいましょう。

回答者一覧 (50音順。全て詳細本誌P107参照)

加藤弘規
帯広市の樹木庭園「真鍋庭園」課長
明道進
札幌を中心に8店舗を展開する「明道香風園」会長
渡辺郁夫
エフアンドジークリエーション

5-6月号

P102〜104掲載

 

 
  バラの栽培で毎年ダニに悩まされ、薬を使用しても発生します。
札幌市北区 Y.Tさん

 ダニは高温乾燥時期に大量発生します。 特に多いのは8月中下旬〜9月下旬ごろのようです。 葉裏に生息し、水や風通し・直射日光を嫌います。 そのため葉裏への水散布は効果的です。 また周囲の雑草が発生源になっていることが多いので、抜いておくとよいでしょう。
  薬剤を使用する場合は殺虫剤ではなく、殺ダニ剤が必要になります。 葉に白いカスレ模様があれば裏を指や布で拭いたり、水をかけます。 その2〜3日後、殺ダニ剤を散布し、さらに数日後に効果を確認しましょう。 もし死んでいなければ今度は別の殺ダニ剤を散布します。 ここまでの方法で幼虫と成虫は退治できますが、卵は残っていますので、さらに数日後に同じ殺ダニ剤を散布します。
特に被害がひどい場合は、被害葉を全て切り取ったあと、薬剤で洗うように散布します。 さらに茎や土表面にもかけておきます。
(渡辺郁夫)
 
 

 
  ブルーベリーを地植えにしたいのですが午前中のみ日の当たる場所しかありません。
室蘭市 E.Nさん

ブルーベリー
ブルーベリーはツツジ科の低木。やや酸性の土を好む
 ブルーベリーの植えつけ場所として午前中の日差しがあたるのはとてもよい環境です。 西日が当らず西風も受けない場所はどんな植物にもよいと言えます。 ブルーベリーの植え付けにはピートモスを2〜5割混ぜ込んであげることと夏の乾燥に気をつけること、 そして実の肥大のために花時期の合う他品種を数種一緒に植えてあげることです。
(加藤弘規)