トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > サンセベリア手入れ、サンショウの越冬、プランターの土

花の育て方Q&A

 

いよいよ今年の花シーズンが始まりました。 昨年のトラブルは解決していますか? 北海道の花の専門家に教えてもらいましょう。

回答者一覧 (50音順。全て詳細本誌P107参照)

加藤弘規
帯広市の樹木庭園「真鍋庭園」課長
明道進
札幌を中心に8店舗を展開する「明道香風園」会長
渡辺郁夫
エフアンドジークリエーション

5-6月号

P102〜104掲載

 

 
  本州で高さ1mで花の咲いているサンセベリアを見ました。北海道でも花を咲かせられるでしょうか。
札幌市西区 N.Nさん

サンセベリア
サンセベリアはリュウゲツジュ科の多年草。園芸種も亜熱帯地域ではなかば野生化している
 サンセベリアはアジアやアフリカの亜熱帯地域が原産の観葉植物です。 忘れたころに咲くことが多いようです。 最低限の条件としては、まずは健康に栽培すること。 よく日の当たる場所におき、鉢土が乾いたらたっぷりと水を与えます。 肥料は置肥を施すか、2週間に1回ほど液肥を与えるとよいでしょう。
 花が見られるようになるには、大株に育つことが大切。 少なくとも1mくらいには大きくする必要があるでしょう。そしてその後は大事にしすぎないことです。 水やりをすっかり忘れていたら花が咲いたということも聞いたことがあります。 ある程度危機感があった方が咲く確率が高くなるようです。
(明道進)
 
 

 
  サンショウは北海道では越冬しないと聞きましたが、どのように管理すればよいでしょうか。
石狩郡当別町 S.Kさん

 サンショウは古くから香辛料や漢方薬として利用されている木です。 雌雄異株で雄花は花山椒、雌株の実は青山椒や粉山椒・若葉も利用できるとても便利な木といえます。 耐寒性がとても強いわけではないのですが、道内でも育てている方が意外に多いようです。 道南には自生していますし、道央や道北など積雪の多い地方では雪が保護になり、道東でも寒風を避けて植栽してあげれば充分育っています。 半日陰でも充分生育可能なので、ほかの樹木の下や間に植えてあげるのもよいでしょう。 乾燥地は好まないので適度に湿り気のある土で植えつけます。
(加藤弘規)
 
 

 
  プランターの土の処理に毎回悩んでいます。
苫小牧市 H.Aさん

プランターの土に混ぜて使う土壌改良材
プランターの土に混ぜて使う土壌改良材。竹を材料に使ったものもある
枯れた根を取り除き、殺菌すれば、プランターの土のリサイクルは可能です。 マンションにお住まいの場合は、ビニール袋に入れて1カ月ほど太陽の光を当てて、土を蒸すことで殺菌になります。 ただこの作業は場所を取って時間もかかるので、あまり効率的ではないかもしれません。 あるいは、リサイクル土というものが市販されているので、枯れ根を取り除いてからこれを混ぜる方法もあります。 ただし大切な植物の生育には新しい土にを使用するのが最も安心です。
 庭付きの家にお住まいなら、プランターの土をいったん庭に戻せば、2〜3年ほどでまた使えるようになります。
(明道進)
 
 

Back Numberはこちら