トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > ユキヤナギとクリスマスローズの越冬、ポインセチアの手入れ

花の育て方Q&A

 

今年のシーズンも終わり、来年に向けた準備が始まる時期。 トラブルや心配は今年のうちに解決しておきましょう。 北海道の花の専門家が、皆さんの質問にお答えします。

回答者一覧 (50音順。全て詳細本誌P113参照)

大森康雄
大森農場カントリーガーデン代表
加藤弘規
真鍋庭園課長
狩野亜砂乃
ハーブコーディネーター、ハーブ料理講師
西村和益
にしむらバラ園代表
明道進
札幌を中心に8店舗を展開する「明道香風園」会長

3-4月号

P101〜103掲載

 

 
  昨年ピンクのユキヤナギを買って、今は玄関フードにおいています。庭植えで越冬できるでしょうか。
札幌市北区 M.Aさん

 ユキヤナギは日本や中国などに自生する低木で、5月に枝一杯に白色の小花を咲かせ、春の花木の中でもとても目を引く存在です。 元々北海道に自生していませんが耐寒性は非常に強く、古くから庭木や花材として根強い人気のある種類です。 放任すると高さ2mほどのブッシュに成長しますが強剪定も可能ですので花後には思い切って地際まで切り戻すのもよい方法です。 花芽は前年に伸長した枝にしかついていませんので夏以降に枝を切り詰めると花数を減らすことになります。
 ご質問のピンク色の花のユキヤナギは正式には“フジノピンク”という名前で 濃いピンク色の蕾が開花につれ淡くなり、散り際には白色になります。 性質は前述のユキヤナギと変わりませんので庭木として育ててあげてください。 ちなみに病害なども同じですのでアブラムシ予防とうどんこ病予防は欠かせません。
(加藤弘規)
 
 

 
  クリスマスローズを越冬させるときは、地際から全部切った方がいいでしょうか。
江別市 M.Iさん

ラムズイヤー
ラムズイヤーは手ざわりの柔らかい銀白色の葉が特徴。高温多湿の本州より北海道で生育しやすい
 クリスマスローズは常緑性の宿根草ですね。 クリスマスローズに限らず、アジュガラムズイヤーなど意外に常緑の宿根草は多くありますが、 雪に覆われる北海道であまり意識することはないかもしれません。
 北海道では冬の寒さが厳しいので、積雪の厳しいところでは防寒のためにまた、 積雪するところでは美観上もその間は問題ないので、病気以外の古葉は切り取らずに越冬させてよいでしょう。 ただし、雪解け後には葉が伸び上がってくる前に古葉を取り除きます。 そうすることにより株元に日がよく当たるようになり、花芽が上がりやすくなります。 また古葉が枯れたまま放置されないので灰色カビ病などの病気を防ぐこともできます。
(大森康雄)
 
 

 
  ポインセチアは、クリスマスの後どのような手入れをしたらよいでしょうか。
札幌市北区 Y.Yさん

 
ポインセチアは冬は休眠期。水は土が乾かない程度にして、肥料は与えない
 そのまま管理していると新しい芽の出るのが遅くなるうえ、不ポインセチア格好になります。 そこで上部を切って挿し木にし、元の株も姿よく仕立て直しましょう。
 ポインセチアは本来メキシコ原産の低木なので、茎の下の方は木質化して茶色く、その上の部分は緑色になっていると思います。 緑色の部分の、下から3段目で茎を切りましょう。 切り口をライターなどで焼いて、よく湿った土に挿します。 葉や花もついているかもしれませんが、数枚だけ葉を残して後は切り落とします。
 霜の心配がなくなった頃から戸外に出し、秋にまた室内へ、10月終わりくらいから、 1日のうち半分以上は段ボールをかぶせて短日処理を行えば、次のクリスマスの頃には赤く色づくことでしょう。
(明道進)