トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > バラキの挿し木、トケイソウのツル

花の育て方Q&A

 

回答者一覧 (50音順。全て詳細本誌P123参照)

梅木あゆみ
コテージガーデン代表取締役
狩野亜砂乃
ハーブ教室などの講師を務めるハーブコーディネーター
西村 和益
にしむらバラ園代表
明道 進
札幌市を中心に9店舗を展開する花卉店「明道香風園」会長

9-10月号

P116〜118掲載

 

 
  パキラが高くなりすぎています。カットして挿し木にすることは可能でしょうか。
札幌市手稲区 M.Oさん

パキラ
葉植物として親しまれるパキラ。自生地では高さ10m以上の高木になる
 パキラは丈夫な観葉植物で、ある程度耐陰性があり、どんどん枝を伸ばして葉を増やします。挿し木も比較的容易です。
  高くなりすぎた株は、伸びた枝をカットして、これを挿し木に用います。元の株は横向きに枝が広がるので、高さの問題はある程度緩和されると思います。
  カットした枝はそのままだと蒸散しすぎるので、大きな葉は切り、小さい葉だけにします。それをよく湿らせたバーミキュライトなど清潔な土に挿しましょう。その後土を乾かさないようにしておけば、ほどなく発根すると思います。その後培養土に植え替えます。
(明道進)
 
 

 
  トケイソウのツルが伸びすぎてこまっています。何かよい方法はありますか。
札幌市西区 K.Fさん

トケイソウ
トケイソウは独特な花が人気
 トケイソウは世界各地の熱帯に育つツル植物で、パッションフルーツもその1つ。北海道では戸外越冬できませんが大変生育旺盛で、室内ではどんどんツルを絡ませて伸びていきます。
  放置していると上の方へ上の方へ伸びて株元はスカスカした状態になります。そこで上の方の枝を垂れさせ、下の方で留めます。それをまた上へ伸ばさせます。
  あまりにひどく絡みすぎた場合は、挿し木で株を更新するとよいでしょう。
(明道進)