トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > ユスラウメの育て方、カモミール・バジル(一年草)

花の育て方Q&A

 

回答者一覧 (50音順。全て詳細本誌P123参照)

加藤弘規
帯広市の樹木ナーサリー「真鍋庭園」課長
狩野亜砂乃
ハーブ教室などの講師を務めるハーブコーディネーター
走川貴美
ガーデニング教室講師、AMAサポーターズ倶楽部代表
明道 進
札幌市を中心に9店舗を展開する花卉店「明道香風園」会長

7-8月号

P110〜112掲載

 

 
  ユスラウメの育て方を教えてください。
札幌市南区 T.Kさん

 ユスラウメは中国原産の低潅木で樹高は放任してもせいぜい3〜4mです。5月には新芽に先立ち開花、8月には径1cm程度の果実が熟します。種類により白花の白実種と桃花の赤実種があります。果実は生食はもちろんジャムやゼリーなどに加工もできます。とても素朴で懐かしい味がします。
  植えつけは腐葉土や少量の堆肥などを混ぜ込み柔らかく植えつけます。放任すると株元から多数のひこばえが出ますが主要な枝が5本もあれば充分ですのでそれ以外は除去してしまいます。大きくしないためには剪定が必要ですが、収穫を考えて全体の刈り込みは控えて数年に分けて切り戻しを行ない、結実量を安定させるとよいでしょう。胴枯れ病の予防のためにも剪定時にはよく切れる刃物を使用し、切り口は保護剤や殺菌剤を塗布することをおすすめします。またカイガラムシがつくこともあるので、発見しだいこすり落とすか殺虫剤を散布します。耐寒性や耐乾性も強く、丈夫で育てやすい家庭果樹と言えます。 
(加藤弘規)
 
 

 
  カモミールバジルを何回植えても消えてしまいます。
余市町 N.Mさん

ローマンカモミール
カモミールは甘い香りが特徴。触ったり、風が吹いたりするだけで香りが庭に漂う。写真はローマンカモミール
 おそらく植えられているカモミールはジャーマンカモミールではないでしょうか。これはローマンカモミールとちがって一年草なのです。だから毎年消えるのが普通なので、心配ありません。もし毎年楽しみたいなら、ローマンカモミールを植えられてはいかがでしょうか。ちなみに花は一重咲きのほかに八重咲もあり、これもかわいいです。
  またバジルも一年草です。ハーブは宿根草の場合が多いのですが、このバジルやシソなど一年草のものもまれにあります。ちなみにイタリアンパセリは二年草です。
(狩野亜砂乃)
 
 

Back Numberはこちら