トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > オキザリス、アスパラガス、ブルーベリーの育て方

花の育て方Q&A

 

回答者一覧 (50音順。全て詳細本誌P123参照)

加藤弘規
帯広市の樹木ナーサリー「真鍋庭園」課長
狩野亜砂乃
ハーブ教室などの講師を務めるハーブコーディネーター
西巻 浩
安平町で植物を生産する「サックルズファーム」所属
明道 進
札幌市を中心に9店舗を展開する花卉店「明道香風園」会長

5-6月号

P110〜112掲載

 

 
  オキザリス・パーシカラーですが、休眠期に掘り上げずに保管する場合の手入れを教えてください。
札幌市清田区 J.Kさん

オキザリス・パーシカラー
一般的なオキザリスの花は紫色。パーシカラーは白地に赤の模様が入る
 オキザリスは南アフリカに自生するカタバミ科の多年草で、クローバーのような葉が特徴です。道路脇や空き地などで黄色の花を咲かせるカタバミとはちがい、耐寒性はないので冬の北海道では室内で管理することになります。
  パーシカラーに限らず、オキザリスは冬の間は休眠するので葉を全て切るのがよいでしょう。活動しないので水やりは1週間〜10日に1回程度で十分です。春になるとまた活動を始め、葉もたくさん出てきます。
  いずれにしてもとても丈夫なので、安心して育てることができます。
(明道進)
 
 

 
  園芸用のアスパラガスの鉢を株分けしたいと思っています。年中家に置いていますが、庭でも育つのでしょうか。
恵庭市 S.Kさん

 時折、庭で風に揺れるアスパラガスを見かけますが、それらはたいてい菜園用の品種ですね。菜園用と園芸用では同じアスパラガスでも別の品種で、残念ながら園芸用は地植えは難しいと思います。というのも雨に当たると折れてしまうからです。また、日当たりは半日陰程度でも問題ありません。そういった意味でも、室内で管理する方がよいでしょう。もし屋外であれば、雨の当たらない場所で鉢植えとして楽しみます。
  ちなみにアスパラガスの葉のように見えるのは茎で、仮葉と呼ばれるもの。本当の葉は退化して茎を鱗片状に覆っています。
(明道進)
 
 

 
  ブルーベリーを3本植えたのですが、日当たりがよくないので植え替えようと思っています。
旭川市 M.Sさん

 ブルーベリーはアメリカ原産で湿地や草原に自生する落葉低木です。自生地域によりラビッドアイ系、ハイブッシュ系、ローブッシュ系などに分けられますが、道内では耐寒性があって実の大きいハイブッシュ系の品種が多く出回っています。
  移植や植えつけをするなら、雪が解けて土壌の凍結も抜けた後がよいでしょう。特に移植の際は細根をあまり切らないように根の周りを大きめに掘り上げます。植えつけの際は浅植えとし、ぐらつくようでしたら添え木をしておきます。植えつけ時にピートモスを庭土と等量程度すき込むとブルーベリーの好む水もちのよい酸性土(ph4.5前後がよいとされます)になります。
  1本だけ植えても結実はするのですが、実の留まりや肥大をよくするため、品種の違うものを数本混植することをおすすめします。
(加藤弘規)
 
 

Back Numberはこちら