トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > 野生ランの花・ノブドウの実

花の育て方Q&A

 

回答者一覧 (50音順。全て詳細本誌P123参照)

梅木あゆみ
ガーデンデザイナー。月形町「コテージガーデン」代表取締役
加藤弘規
帯広市の樹木ナーサリー「真鍋庭園」課長
明道進
札幌を中心に9店舗を展開する花卉店「明道香風園」会長
湯澤啓
札幌市南区の山野草のナーサリー「湯沢園芸」代表取締役

3-4月号

P116〜118掲載

 

 
  野生ランを鉢植えで育てていますが、何年も花が咲きません。
白老郡白老町 S.Tさん

野生ラン
自生地ではランの美しい姿がより映える
 野生ランと言ってもいろいろあるので一概には言えませんが、ここでは道内で自生している種類のランをお求めになったと想定してお答えします。
  お手紙では「夏は地植えにして、秋に鉢に入れています」とのことでしたが、道内自生種であれば植え替えは不要です。通年で地植えにするか、鉢植えのまま戸外で越冬させます。
  日照は種類によりますので、図鑑などでお持ちの花が何か調べて、自生地に応じた場所に植えましょう。林内に自生するものなら木陰、草原や高山のものなら日なたです。鉢植えの場合は火山れきを用い、地植えの場合も水はけの悪い場所は避けます。また肥料は春先に置肥を与えます。
(湯沢啓)
 
 

 
  2mのノブドウに実が数えるほどしかつきません。肥料は必要ですか?
苫小牧市 R.Nさん

 ノブドウは原野に自生する植物ですので、極端なやせ地や日陰ではない限り特別な肥培管理は必要ないでしょう。もし施用するなら、花木用の化成肥料を融雪時に散布します。実を鑑賞したいのでしたら、チッ素肥料はなるべく控えておいた方がよいでしょう。チッ素分は植物が大きくなるために必要ですが、そちらにエネルギーを使うと花の方の栄養がおろそかになるためです。花が咲かないと、当然実もなりません。
  もともとノブドウは生育が旺盛で植え付けてから結実するまでの期間も少ない植物。実生苗でも2年ほどで結実し始めるので、もう少し様子を見てはいかがでしょう。
(加藤弘規)
 
 

Back Numberはこちら