トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > フランネルフラワーの室内越冬&野ねずみ対策

花の育て方Q&A

 

回答者一覧 (50音順。全て詳細本誌P123参照)

加藤弘規
帯広市の樹木ナーサリー「真鍋庭園」係長
明道進
札幌を中心に9店舗を展開する花卉店「明道香風園」会長

11-12月号

P113〜115掲載

 

 
  春先、野ネズミに花木を食べられてしまいます。よい対策はないでしょうか。
美唄市 K.Kさん

 野ネズミの被害は私の勤める真鍋庭園でも頭の痛い問題です。周期的に被害の多い年少ない年があったり、積雪の多少による影響もあります。根元に金網を巻いたらその上をかじられたとか、しっかりと囲ってあげたらかえって中に巣をつくられたとか、融雪後に悔しい思いをされた方も多いのではないでしょうか。
  利口なネズミに100%の効果があるという方法は正直申し上げて、ないと思います。しかしながら最近の忌避剤は改良されているようです。トウガラシエキスで寄せつけない忌避剤はシカやウサギ、鳥などの野生動物にも効果があるようです。
  ちなみに冬期間、野ネズミは巣をつくっており、その巣が近くにあると被害がより多くなります。庭の中に巣をつくりやすい草の山などがあると恰好の住みかになりますので要注意です。 
(加藤弘規)
 
 

 
  フランネルフラワーはどの時期に家に入れるとよいでしょうか。
札幌市北区 S.Oさん

 フランネルフラワーは比較的丈夫な植物で、難しい手入れは必要としません。しかし耐寒性がないため、北海道では冬期間室内で育てる必要があります。
  私の場合、10月半ば頃に戸外から室内に入れます。ある程度寒さに当てても平気です。家の中ではできるだけ日当たりのよい場所に置きましょう。また水やりは忘れずに。北海道の家の中は冬もずいぶん暖かいので、日当たりが少ないと茎がひょろひょろになる(徒長)かもしれません。その場合は10℃程度の気温の低い場所に移動しましょう。低温だと活動が鈍るので日照が少なくても大丈夫です。
(明道進)
 
 

Back Numberはこちら