トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > 樹木の質問&アデニウムの挿し木

花の育て方Q&A

 

回答者一覧 (50音順)

大森康雄
広尾町「大森農場カントリーガーデン」オーナー
加藤弘規
帯広市の樹木ナーサリー「真鍋庭園」係長
野原隆子
釧路市で公共花壇などの植栽を手がけるガーデンデザイナー
走川貴美
イングリッシュガーデンスクール主宰、AMAサポーターズ倶楽部代表
明道進
札幌を中心に9店舗を展開する花卉店「明道香風園」会長

7-8月号

P108〜110掲載

 

 
  リンゴを苗木から育てたいのですが、方法を教えてください。
上川郡鷹栖町 M.Yさん

 苗木を植えたら必ず添え木支柱を施し、根元がぐらつかないよう結束しましょう。仕立て方にもよりますが、庭木としての樹形でよいなら徒長枝や立ち枝などを剪定しておくだけでよいですし、大きくなるのを避けるのであれば主幹や主枝を冬に切り戻してしまうのがよいでしょう。しっかりした収穫を目指すのであれば、全体に日が当たるように重なり枝を剪定し、古くなった枝も適宜更新します。
  植えつけから3年もすると収穫ができるようになりますので、施肥も重要になります。融雪後すぐに配合肥料を施すようにしましょう。
(加藤弘規)
 
 

 
  庭のヒバが茶色く枯れています。
札幌市西区 N.Tさん

  それは変色しただけの葉焼けでしょうか、それともパリパリと乾いているしている状態なのでしょうか? 葉焼けなら新芽が出てくると目立たなくなり、夏以降には復活する場合がほとんどです。しかし後者だとするとその部分は枯れているということになり、切除するしかありません。
  一般にヒバと呼ばれている物には、日本原産のチャボヒバ、中国原産のコノテヒバ(コノテガシワ)、北米原産のニオイヒバなどがあります。混同される事が多いのですが、それぞれ性格が異なり適地も異なります。耐寒性にも差があるので、植えつける場所によっては冬越しには冬囲いなどの手をかけてあげなければなりません。
  お持ちのヒバは初めて越冬したものでしょうか、それとも植えてから何年も経ちますか? 植えつけて初年度の冬越しではどんな種類であれ、コモ巻きで冬囲いを施すのが無難です。また今年初めて問題が出たのであれば、用心してやはり冬囲いをおすすめします。
(加藤弘規)
 
 

 
  アデニウムを挿し木しました。これからの管理を教えてください。
札幌市北区 I.Tさん

  アデニウムはキョウチクトウ科で、アフリカ原産。乾燥した場所を好む多肉植物でもあります。
  まず発根するまでは肥料は与えません。また日照は午前中に日の当たる場所がよいでしょう。乾燥が好きとは言っても、ある程度大きくなるまでは水を切らさないようにします。
  発根したらよく日の当たる場所に移動しましょう。もともと日光は大好きです。生長するにつれて大きめの鉢に移植を。水は鉢土が乾いたらたっぷり与えます。葉の後ろなどにカイガラムシが発生しやすいので、こまめにチェックし、必要なら薬剤を散布します。 


(明道進)
 
 

Back Numberはこちら