トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > ハイドランジアとシャラノキ

花の育て方Q&A

 

回答者一覧 (50音順)

大森康雄
広尾町「大森農場カントリーガーデン」代表
加藤弘規
帯広の樹木庭園「真鍋庭園」係長
明道進
札幌を中心に9店舗を展開する花卉店「明道香風園」会長
湯澤啓
札幌市南区の山野草ナーサリー「湯沢園芸」代表取締役

9-10月号

P126〜128掲載

 

 
  鉢で買ったハイドランジアを庭に下ろしたら葉ばかり茂って花があまり咲きません。
札幌市厚別区 K.Mさん

ハイドランジア
ハイドランジアは日本のアジサイを元に、欧米で品種改良した品種群。たいていは北海道でも越冬可能
 おそらく鉢から株を抜いた時に、根が相当回っていたかと思います。庭に植えてから、その根がしっかり土中に伸びてのに時間がかかります。そのため、十分に伸びるまでは花は少ないと思います。最低でも3年目からしか花が咲かないのではないでしょうか。
  そして咲いたら枯れるまで花を置いておかず、早めに切ることも大切。そうすることで脇芽が伸びます。切った花は家の中に飾るとよいでしょう。また一度咲くとあとはほぼ毎年咲きます。鉢物は植物を小さく仕立てるために矮化剤を使っていることが多いのですが、地植えにしてそれが切れてくると、とても大きくなります。こうなると枝が暴れやすいので、剪定が大切。
(明道 進)
 
 

 
  シャラノキの幹にアリが発生し、木肌が剥けているのですが、原因と手当を教えてください。
江別市 M.Tさん

  木にアリが発生するのはアブラムシやカイガラムシが発生している場合がほとんどです。アブラムシやカイガラムシの排泄物が甘く、それを栄養源とするためアリが木を上って行くのです。だからアリを駆除するのではなくアブラムシやカイガラムシを駆除してください。
  シャラノキの樹皮が剥けて木肌が出るのは自然現象です。美しい木肌を眺めるのもシャラノキの楽しみの一つです。中途半端に剥がれている樹皮は害虫の温床になるので、人の手で綺麗に取り除いた方がよいでしょう。
(加藤弘規)
 
 

Back Numberはこちら