トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > クリスマスローズの質問ほか

花の育て方Q&A

 

回答者一覧 (50音順)

大森康雄
広尾町「大森農場カントリーガーデン」代表
加藤弘規
帯広の樹木庭園「真鍋庭園」係長
明道進
札幌を中心に9店舗を展開する花卉店「明道香風園」会長

7-8月号

P125〜127掲載

 

 
  海沿いの地域に強い草木を教えて下さい。
紋別郡興部町 女性

コトネアスター
耐潮性のある植物の1つ、コトネアスター。初夏には小さな花を、秋には真っ赤な実を楽しめる
 海沿いで問題になるのは、潮気のある風です。耐性のある主な植物としては、コトネアスター、アメリカツルマサキ、エリンジウム、ヘメロカリス、ラベンダー、ヴァーバスカム、エニシダ、セダムの系統など。 ほかに、本来は海岸地域を自生地とする植物、例えばハマナスなどがそうです。  特に耐潮性が強い植物とされていなくても、前述のほかに楽しめる植物はいっぱいあります。海のそばの庭でバラやクレマチス、様々な宿根草を楽しんでいる人もいます。近隣のお宅を見て回って、どんな植物が元気に育っているか参考にするのもよいでしょう。
(大森康雄)
 
 

 
  クリスマスローズが5月初旬になると葉や花が黒ずんできます。昨年植えたばかりです。
青森市 女性

  クリスマスローズは常緑性なので、変色するとすれば、古くなった葉が枯れ落ちる状態になっていることが考えられます。ただし全ての葉が変色したり、花まで黒ずむということはありません。
  ほかに考えられる原因としては、ブラック・デスというウイルス性の病気にかかっている場合です。ただこれは黒ずむというよりも、タールを塗ったように変色します。薬剤などで対処することはできず、ほかのクリスマスローズに伝染しないよう、病気の株を処分するほかありません。ウイルス病はアブラムシが媒介するので、株をこまめに点検することが大切です。
(大森康雄)
 
 

Back Numberはこちら