トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー>春の樹木とハーブの挿し木

花の育て方Q&A

 

回答者一覧 (50音順)

大森康雄
広尾町「大森農場カントリーガーデン」代表
明道進
札幌を中心に9店舗を展開する花卉店「明道香風園」会長
川原元信
岩見沢市「川原花木園」代表

5-6月号

P113〜115掲載

 

 
  ツツジを植えて2〜3年になりますが、花が綺麗に咲きません。
網走郡津別町 女性

エゾツツジ
ツツジには多くの種類があるが、エゾツツジはその中でも最も早く咲くものの1つ

日当たりも風通しもよいところに植えられているとのことで、花が咲かない理由として考えられるのは、花芽を形成する時期に障害を受けたり、厳寒期に花芽 が傷んだりすることです。根の部分を深く植えすぎていませんか? 水はけが悪い場所では特に注意が必要です。リン酸成分が多くチッ素成分が少なめの肥料を与えたり、土のpHが高い場合は根の回りにピートモス(酸度調整していないもの)をすき込むことも大切です。
  またひとくちにツツジといっても、種類によって開花が旺盛となる樹齢や好む環境が様々。園芸図書を参考に調べてみるとよいでしょう。

 

(川原元信)
 
 

 
  サクラが4、5年前強風により片方の枝が折れ、もう片方も年々花の数が少なくなっています。
札幌市手稲区 女性

エゾヤマザクラ
北海道ではエゾヤマザクラが最も親しまれている
 幹が二股になっている片方が付け根から折れたとすると、そこから細菌が入り込み、残ったほうが衰弱していると思います。サクラは細菌感染に弱く、傷口が塞がりにくい樹木です。太い枝や幹を切った場合、折れた枝は切り戻して切り口に、すぐに市販の殺菌剤入り融合剤を丁寧に塗る必要があります。数年経過しているので効果はあまり期待できないかもしれませんが、このような処置をして少しでも被害が広がるのを防いでください。
(川原元信)
 
 

 
  挿し木で増やせるハーブはありますか?
虻田郡喜茂別町 女性

ニオイゼラニウム
ハーブの一種、ニオイゼラニウムの挿し木。新根が出て地上部の目が展開するまでは、土が乾燥しないようにする
 セージ、ローズマリー、ミントなど、一般にハーブと呼ばれる植物のほとんどは挿し木で増やすことが可能です。方法は上のペラルゴニウムの挿し木と同様。お手紙によると、挿し穂を切った後、長期間水につけておられるようですが、30分ほどつければ十分水を吸い上げます。多くのハーブは生育旺盛なので、比較的容易に挿し木で増やすことができます。また増やすことが目的であれば、株分けもおすすめです。特にミントやセージなど戸外に地植えで越冬できるハーブ類はどんどん広がっていくので、それをいったん掘り上げて株を分け、それぞれ別の場所や鉢に植え替えるとよいでしょう。
(明道進)
 
 

 
  キョウガノコが葉と茎から花先まで白くこじれたようになります。
札幌市北区 女性

キョウガノコ
キョウガノコは半日陰に植栽するのが最適。繁殖力は比較的旺盛
 実物を見ていないのではっきりしたことは分かりませんが、白い粉を吹いたようになっている場合はうどんこ病の可能性があります。
  うどんこ病はカビ由来の病気で、比較的高温で湿度が低いと繁殖しやすくなりますが、基本的に風通しのよい場所に植えるのが一番よいでしょう。また肥料にチッ素分が多すぎて株が軟弱になると発生しやすくなります。バランスのよい肥培管理を心がけましょう。
  症状がひどいようなら市販の殺菌剤を散布します。種類にもよりますが、1週間おきに2回くらい与えると、だいたい症状はおさまるようです。
(大森康雄)
 
 

Back Numberはこちら