トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > 株分け・実生で増やす(2006年秋号)

花の育て方Q&A

 

回答者一覧 (50音順)

大森康雄
大森農場カントリーガーデンオーナー
走川貴美
AMAサポーターズ倶楽部代表
北海道ガーデンツリー倶楽部
庭木の愛好家団体
明道香風園
札幌を中心に9店舗を展開する花卉展

2006年秋号

P93掲載

 

 
  株分け・実生で増やす
実家のアジサイを自宅に株分け移植したいのですが。
(苫小牧市)

アジサイ
アジサイを剪定する時には、秋の早い段階で。遅いと来年の花芽も切り落としてしまう
開花時期や夏は避けた方がよいと思います。アジサイはとても水を必要とする植物だからです。もし夏に行うのであれば、掘り上げたらすぐに水を含んだ布などで根を包み、移動中も乾燥しないようにしてください。しかし植えつけても葉からの蒸散が大きく、安全とは言えません。最もおすすめするのは秋の落葉後か春先です。つまり株が休眠している時に移植するわけです。できれば春の方が無難だと思います。       
(明道香風園)
 
 

 
  株分け・実生で増やす
アマはこぼれダネで増えますか?
(深川市)

アマ
アマは繊維の原料として、かつては大量に栽培されていた。花は涼しげな青で、ガーデン植物としても貴重な植物
アマには宿根草のものと一年草のものとがありますが、前者にこぼれダネを期待するのは難しいと思います。というのも小さくて風に飛ばされるため、数メートル離れた思いがけない場所で出ます。また数も少ないです。採種して、翌春まいた方がよいでしょう。
  一年草のタイプはタネも大きく、量も多いです。丈夫で、すでに土をすきこんだ場所でも発芽します。
(走川貴美)
 
 

 
  株分け・実生で増やす
ボケを挿し木にして鉢仕立てにしたい。どうすればよいでしょうか。
(小樽市)

ボケ
ボケはバラ科の木。春に真っ赤な花をたくさん咲かせる
ボケは強い木なので、挿し木自体は比較的容易です。若い枝を切り、先端を落として、よく湿らせた挿し木用土に挿します。古い枝でもよいのですが、若い方が確実に根が発生します。
  根が出てきたら地上部も生長を始めます。徐々に大きな鉢に移し替えましょう。
  ボケは高ければ2mくらいに生長する木ですから、鉢植えとして育てるのであればコンパクトに仕立てる作業が必要です。鉢の中で根が回ってきたら、芯(幹)を切って木を太くします。これを何度も繰り返して、はじめてしっかりとしたコンパクトな樹形になります。花をつけるためにも必要です。
(明道香風園)
 
 

 
  株分け・実生で増やす
マンゴーをタネから育て、現在高さは18cmくらいです。どのように手入れをすればよいでしょうか。
(苫前郡苫前町)

水やりは鉢土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと与えます。肥料は油かすなどを鉢に数個入れておくだけでよいでしょう。
  ただ、マンゴーを栽培している産地でも基本的に接ぎ木苗を使用しており、実生苗を北海道の気候で結実まで持っていくのは難しいと思います。果実はあきらめて、観葉植物として楽しまれてはいかがでしょうか。
  ほかに果物のタネから育てられる熱帯の植物は、パパイヤ、アボカド、チェリモヤなどがあります。温度さえ十分に高ければ、発芽は容易です。しかしマンゴー同様に、花や実を楽しむところまで期待するのは難しいと思います。夢を見ながら観葉植物として育ててみてください。
(明道香風園)
 
 

Back Numberはこちら