トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > 宿根草が育たない(2006年夏号)

花の育て方Q&A

 

すでに皆さんの庭には、 たくさんの花が咲いていることでしょう。
でも中には思うように育っていないものもあるかもしれません。疑問は早めに解決しておきましょう。
北海道のガーデニングの専門家が、様々な質問に答えます。

回答者一覧 (50音順)
大森康雄
大森農場カントリーガーデンオーナー
蝶野秀郷
花と緑のアドバイザー
北海道ガーデンツリー倶楽部
庭木の愛好家団体
明道香風園
札幌を中心に9店舗を展開する花卉展

 

 
  宿根草が育たない
レモンバームの中に植えたハニーサックルに元気がないのですが。
(室蘭市)

レモンバーム
レモンバームはシソ科の植物。繁殖力旺盛なので、地植えにする場合にはスペースを十分確保したい
実地を見ないと断言はできませんが、競合している可能性が高いと思います。ほかに場所があるならハニーサックルをそちらに移動することをおすすめします。この場所しかないのであれば、根を切ってレモンバームを少し減らします。恐らく根は深く張っていて、その後またすぐに繁茂すると思います。波板などで土中に仕切りをつくり、根が進入しないようにします。そこにハニーサックルを植えつけます。
  またレモンバームは背丈が70cm〜1mはあると思いますので、ハニーサックルにも日が当たるようにしてあげましょう。
(大森康雄)
 
 

 
  宿根草が育たない
スカビオサを株分けすると翌年必ず駄目になります。
(旭川市)

スカビオサは株があまり大きくならないので、一般的には株分けはほとんど行いません。失敗する原因は場所なのか時期なの分わかりませんが、毎年失敗するなら株分けしてすぐに植えず、根を伸ばしてから植えつけてみてはどうでしょうか。
  具体的には株分けしたものを赤玉土やえぞれき、あるいは挿し木用土など清潔な土にいったん植えます。しばらくして十分に発根したら植えつけます。
  また時期としては秋よりも春先が安全です。芽が少し出て、本格的に伸び始める前に作業するのがよいかと思います。秋に行う場合は、できるだけ早い時期に作業することをおすすめします。
(大森康雄)
 
 

Back Numberはこちら