トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > 戸外の植物を咲かせるために(2006年春号)

花の育て方Q&A


 
  戸外の植物を咲かせるために
ユリの球根がだんだん小さくなり、花付きも悪くなっています。
(札幌市清田区)

 原因がいくつか考えられるので、該当するケースを改善してください。
ケース1・植え場所が適切ではない
ユリは種類が多く、日なたを好むものと半日陰で上手く育つものとがあります。植え場所が適切かどうか確認してください。
ケース2・ウイルス病にかかっている
一気に生育が衰えるわけではないので、病気と気付きにくいかも知れません。症状としては葉に濃淡ができたり奇形花が生じたりします。この場合は掘り上げて球根を処分する以外、方法はありません。また何回も繰り返すようなら、ウイルス病を媒介するアブラムシやセンチュウの防除を。
ケース3・土壌条件が悪い

ユリは保水性にも増して排水性が重要です。水はけの悪い粘質土ならば堆肥や腐葉土などを入れて改良を。
ケース4・球根が浅い
ユリを植え付ける場合、土の深さは球根の高さの4倍くらい必要。というのも土中の茎から養分を吸収する根が出るからです。この部分が浅いと根が乾燥などの被害を受けるばかりか、肥料も吸収しづらくなります。基肥は十分土中に入れておきますが、ユリは肥料をたくさん要求する植物ではありません。追肥は春早く、薄めの液肥を与えるとよいでしょう。
(蝶野秀郷)
 
 

 
  戸外の植物を咲かせるために
アカンサスの管理方法を教えてください。
(浦河町)

 アカンサスは耐寒性の強い宿根草ではないので、長い間、氷点下の続く地域や地面が凍結する地域では、戸外での越冬は困難です。そのため屋内に取り込むのが一番よいと思います。また道内の比較的暖かい地域で越冬させる場合も、花芽が凍らないように十分なマルチングで保護してあげることが必要です。花芽を傷めてしまうと、その年は葉ばかりで花がない場合もありますので、注意しましょう。
(大森康雄)
 
 

 
  戸外の植物を咲かせるために
ハニーサックルのツルを伸ばすには剪定が必要ですか。
(紋別郡滝上町)

 アカンサスは耐寒性の強い宿根草ではないので、長い間、氷点下の続く地域や地面が凍結する地域では、戸外での越冬は困難です。そのため屋内に取り込むのが一番よいと思います。また道内の比較的暖かい地域で越冬させる場合も、花芽が凍らないように十分なマルチングで保護してあげることが必要です。花芽を傷めてしまうと、その年は葉ばかりで花がない場合もありますので、注意しましょう。
(大森康雄)
 
 

 
  戸外の植物を咲かせるために
コブシの枝を毎年切るのですが、花が咲きません。
(苫小牧市)

 コブシは新枝の先端に花芽を付けます。短い枝に付きやすいですが、長い枝には付きにくいようです。また翌年の花芽は花が咲き終わってから1カ月後からできはじめます。それ以降に枝を切ると、当然花芽もなくなってしまいます。日当たり、水はけなどに問題なければ、原因は剪定時期ではないでしょうか。花が終わったらすぐ作業をしましょう。
もしあまり広くない庭で、これからコブシを購入する場合は、ヒメコブシがおすすめです。コブシは10〜15mになりますが、ヒメコブシは高さが5m程で大きくなり過ぎません。
(北海道ガーデンツリー倶楽部)
 
 

 
  戸外の植物を咲かせるために
ジンチョウゲを鉢で育てていますが、花が少なくなってきました。
(釧路市)

 ジンチョウゲはもともと北関東、東北南部に自生する樹木で、北海道では戸外で越冬できません。基本的には移植を嫌い、水はけが悪い状態も好みません。
花が少ない原因として考えられるのは2つです。1つは根が回っている可能性。鉢底穴から根が出ていないかなど鉢の状態をチェックしてあげましょう。窮屈なようなら大きめの鉢に植え替えます。その際に根を傷めないよう、注意しましょう。
もう1つの原因として考えられるのはリン酸不足。花後に少量、化成肥料を与えてみてください。次の開花期では改善するかもしれません。
(北海道ガーデンツリー倶楽部)
 
 

Back Numberはこちら

回答者一覧 (50音順)
大森康雄 大森農場カントリーガーデンオーナー
川面豊樹 ランのナーサリー「えるむ花園」オーナー。
第2回「ほっかいどう世界の蘭展」グランプリ受賞
蝶野秀郷 花と緑のアドバイザー
北海道ガーデンツリー倶楽部 庭木の愛好家団体
明道香風園 札幌を中心に9店舗を展開する花卉店
渡辺郁夫 ちざきバラ園勤務専門家