トップページ > 花の育て方Q&A  >  バックナンバー > 室内の植物のトラブル(2005年夏号)

花の育て方Q&A

 

 
  室内の植物のトラブル
ペペロミアのアルギレイアを買いました。縞状の斑が気に入って買ったのですが、新しい葉には斑がありません。
(帯広市)

 縞状の斑が入ったアルギレイアは「スイカ」という通称で店頭に並んでいることがあります。その名の通りスイカのような白い縞が入ります。斑入り種を繁殖させたものなので、本来は模様がありません。
模様のない新しい葉は、本来の姿に戻ったと言えます。斑入りよりもそうでない葉の方が強いので、この後いっそう斑入り葉は減ると思います。斑入りでない葉を取り除く方法もありますが、次の葉にも斑がないかもしれません。できれば斑入り葉を葉挿しして、新しい株をつくったほうがよいでしょう。
(明道香風園)
 
 


 
  室内の植物のトラブル
ブーゲンビリアの葉が落ち、花がつかないのですが、どうしたらよいでしょうか。
(江別市)

 ブーゲンビリアは赤やオレンジ色に色づく「苞」が魅力的な花木で、中南米に自生しています。本州ではあまりないようですが、北海道では温度や湿度などの関係で葉が落ちることがあるようです。時期としては初夏頃が多いようですが、心配しなくても、暖かくなってくれば苞が出て色づいて来るでしょう。やがて葉も出てくると思います。しかし夏になっても苞も葉も出てこない場合は、何らかのトラブルがあると考えた方がよさそうです。水のやり過ぎによる根腐れ、肥料が足りない、などを疑ってみてください。日光にもよく当てましょう。
また葉が落ちることはなくても、年に一度ほど剪定した方がよいと思います。その後にしっかりした葉が出て、苞もよくなります。
(明道香風園)
 
 

Back Numberはこちら