トップページ  >  となりのガーデナー
となりのガーデナー

北海道には、素敵な庭づくりをするガーデナーが多数います。
皆さんのご自慢の庭を毎号1軒ずつご紹介します。

no97

5-6月号
P86-87掲載


 住宅街の角地に、通りに面して緑と花に囲まれたお宅が現れます。植物の絡まるアーチなどの構造物も見え隠れし、素敵な庭の存在を感じさせます。オーナーのザァイ イーさんは、庭に使う素材や庭のデザイン、飾るアンティーク調雑貨まで、こだわりを詰め込んだ空間に仕上げました。イメージは、“フランチ風”の雰囲気を感じる庭。ビンテージ感の味わいある素材と、ナチュラル感を醸す草花が共演しています。
 ザァイ イーさんの毎日は、朝の庭を一周することから始まります。花たちに話しかけながら見回り、虫見つけて対処したり、雑草取りをしたり。「庭は手をかけた分だけ応えてくれるので、苦にませんよね」と言います。
photo
自宅裏のメインガーデンは、隣家の目隠しとなる塀に囲まれ、プライベート感もたっぷり。塀は白とブルーの塗装を施したことで、相性よく花々や雑貨も引き立て、圧迫感も緩和。リビングからつながる部屋のような空間
photo
フロントガーデン。異なる素材を合わせた曲線の小道と、高さを加える構造物や木々が空間に広がりをもたらす。花色は控えめに、葉ものも多く植栽
photo
玄関脇のスペースは、自宅の陰になる場所。日陰を好むホスタどの葉もの、つる性植物や宿根草の花は環境に合ったものを選んでいる。夏には風の流れも心地よい
photo
リビングから続く、広々としたウッドデッキからの眺め。花と緑に囲まれる、お気に入りの空間。植栽は好きなバラや宿根草、野草も多く利用
photo自宅をぐるりと囲む庭は、通路も素敵に演出。デッドスペースになりがちな、行き止まりの空間も活用している。地面を覆うクルミの殻や白塀が明るさをもたらす
 
 

WWW を検索
mylofe.jp を検索